TOEFL CBT 解説

TOEFL 試験を実施する Educational Testing Service (ETS) によると、TOEFL CBT は全世界 227 (Africa 49, Americas 48, Asia 33, Europe 55, Middle East/North Africa 20, Pacific Region 22) の国と地域で実施され、2001年7月から2002年6月までの年間の受験者は 572,394 人になり、同じ時期に TOEFL CBT を受験した日本人は 84,254 人いました。また、コンピュータ試験を受験できない地方では、まだ紙の試験 PBT (Paper-Based Test) も行われており、同じ時期の全世界の受験者は 116,510 人になり、日本人の受験者は 741 人いました。

Scores
TOEFL Test and Score Data Summary 2002-2003 Edition

上は ETS が発行する調査レポート TOEFL Test and Score Data Summary 2002-2003 Edition の一部を抜粋したものです。2001年7月から2002年6月までに TOEFL CBT を受験したアジア人の成績です。左から、国名、受験者数、Listening Score, Structure and Writing Score, Reading Score, Total Score を示します。Score はそれぞれ 30, 30, 30, 300 が満点になります。マスコミが日本人の英語能力のレベルの低さを示す際に、「TOEFL のテスト結果がアジアでビリから2番目」などと言いますが、この表を参照しているのです。確かに数字だけを見たら正しいです。しかし、例えば各国の上位100名の平均点を比較してみたら、日本はビリから2番目にはならないでしょう。私もこの期間に TOEFL CBT を受験しているので、Japan 84,254 人に含まれています。その結果が下のスコアレポートです。

TOEFL300
生年月日は削除してあります。

TOEFL Test and Score Data Summary 2002-2003 Edition に Total Score 300 の Percentile Rank は示してありません。ただし、セクション別の Percentile Rank の説明はあり、例えば Writing 6.0 の Percentile Rank は 98.0 など、それらから推測すると、Total Score 300 の受験者の Percentile Rank は 99.0 くらいになりそうです。2001年7月から2002年6月までに全世界で 572,394 人が TOEFL CBT を受験し、そのうち1%の 5,724 人が TOEFL CBT 300 満点を獲得したと推測できます。


Copyright (C) Tsuyoshi Hasegawa (2003)