Mission 2 TOEIC 全国公開試験で満点 990 を獲得せよ
Part 3 - 新形式 TOEIC に挑戦 - TOEIC Analyst

TOEIC は今の時代の英語コミュニケーション状況を反映するため、過去10年間で頻繁に使われるようになってきたコミュニケーション方法を選択し、テスト問題として取り入れることになりました。例えば、テキストメッセージやインスタントメッセージといったコミュニケーション形式や、複数の人々が参加する会話形式などが新たに加わります。また、今回の変更で特に重点が置かれているのが、複数の情報源から得られる情報を理解する能力です。例えば、地図やグラフなど問題冊子に印刷された視覚素材と流れてくる会話の情報を関連付けて解答する設問が新設されました。

新形式 TOEIC テスト (2016年5月開始)
リスニングセクション(45分間)
1Photographs写真描写問題6
2Question-Response応答問題25
3Conversations (+images)会話問題39
4Short Talks (+images)説明文問題30
リーディングセクション(75分間)
5Incomplete Sentences短文穴埋め問題30
6Text Completion長文穴埋め問題16
7Reading Comprehension
・Single passage
・Multiple passage
読解問題
1つの文書
複数の文書
29
25

ETS 発行の『新形式公式問題集』が2016年2月に出版され、新形式 TOEIC の体験が出来ます。また、日本の出版社も新形式対応の問題集を続々と発行しています。いよいよ私も新形式試験に挑戦です。

TOEIC Analyst 長谷川剛 Hase3

Copyright (C) Hasegawa Tsuyoshi (2016)